蒸留水器(放射線物質除去) - 放射性物質から身を守る!公式サイト

トップ限定記事


とりあえず、これだけは、持っておきましょう!カード型ガイガーカウンターです。お安く手にはいります。

蒸留水器(放射線物質除去)



原発事故からの放射性物質の影響が懸念されています。
そんな中、放射性物質への対策として蒸留水器が注目を集めています。

蒸留水器がなぜ放射性物質への対策として注目されているのか?
それは水の沸点分離を利用して
水をきれいにできるのではないかと考えられているからです。

水の沸点は100度で、ヨウ素は184.25度 
セシウムは671度となっています。
100度で水蒸気となった水のみ蒸留水となり、沸点が100度以上の
ヨウ素やセシウムなどから分離するという仕組みです。

蒸留水器とは違う浄水器は膜を使ってろ過します。
初回使用時はいいのですが、
2回目以降は既に膜についている不純物を水が通過します。
よって浄水器の2回目以降の使用の水は
不純物を取りきれているとは言い難いと思いますが
いかがでしょうか。



関連商品・人気商品・ランキングなどにご利用ください
                 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。